新井星一物語ポケモン編第二十三話:ミュウツー、三度目の戦い
星一「ここでゲームオーバーにしてやるぜミュウツー!」 
瞬「ボ、ボクもやるときはやるってことを見せてあげますよ」 
ミュウツー「人間め…どこまでも気にくわない生き物だ…」 
星一「ゲンガー!"サイコボール"!」
紫色の球がが独特な起動を描きながら飛んでいく。
ミュウツー「ム、私の他にもこの技が使えるヤツがいるとはな・・・
      しかし、この程度の威力では私にとって無駄だ」
"ねんりき"で"サイコボール"を星一の方へ跳ね返してしまった。
星一「な!」
ドゴオォオォオン!
ミュウツー「・・・見かけよりは威力があったようだな」
星一「くっそぉ・・・」
ガレキの中から星一と瞬が出てくる。
瞬「やっぱり・・・コイツ強いですよ」
ミュウツー「今度は・・・こちらから行かせてもらう」
ミュウツーが両手をこちらに向けた。
ミュウツー「お前等の負けだ」
ミュウツーの手から大きさが半分ほどの"サイコボール"が
無数に飛び出してきた。
星一「チッ、よけろ!!」
ドガガガガガガガァン!
瞬「一発一発が・・・マシンガンのようにとてつもなく速く強い!」
ドンドン壁が破壊されていき、そのたびに部屋が揺れる。
星一「それでいてこの連射能力・・・くっ!」
瞬「このまま逃げ回るしかないんですか?」
星一「とりあえずは・・・・」
不意にミュウツーがサイコボールの連射をやめた。
しかし、すぐに構えなおした。
ミュウツー「今度こそ終わりだ。」
無数の"サイコボール"が出てきたがさっきの速さが無く、半分ほどの速さだった。
瞬「力尽きたんでしょうか?」
瞬がさっと横によけると"サイコボール"が瞬のほうに曲がって向かってきた。
瞬「!?レオン!"かえんほうしゃ"!!」
サイコボールが次々に破裂していく。
ミュウツー「コレが"サイコボール追跡型"だ」
星一「な・・!?追跡型?」
ミュウツー「そうだ、さっきのは連射してその威力で相手を倒す。
      だが、こっちは追跡をして、相手に触れた瞬間に爆発をする」
星一「・・・・・」
ミュウツー「お喋りが過ぎたな。今度こそコレで最後だ。
      フウウウゥゥウゥウウゥウン!」
ミュウツーの体を小さいサイコボールがとりまく
ミュウツー「この数はよけきれまい!死ねェェェェェェッ!」
サイコボールが群をなして襲ってくる。
星一「シードラ、"ハイドロポンプ"」
"ハイドロポンプ"が当たり次々とサイコボールが破裂していった。
ミュウツー「?!」
星一「こんな子供だましの攻撃が効くと思ったか?本気だせよ」
ミュウツー「フン、今の言葉、命取りになるぞ」
星一「ゲンガー!"サイコボール"!連射型やってみろ!」
ミュウツー「フ、猿まねをしようっていうのか?」
星一「なぁに、こいつは敵の技をマネするのが得意なんだ・・・」
その時、ゲンガーの両手から無数の小さいサイコボールが出てきた。
星一「よし!行け!!」
サイコボールが、ミュウツーを直撃した。
ズガガガガガン!
ガレキから出てきたミュウツーの右腕が取れていた。
ミュウツー「・・あながち猿まねって訳でもないようだな
      ・・・だが無駄だ…」
ミュウツーの右腕がはえてきた。
ミュウツー「私は"じこさいせい"も使えるからな」
星一「な!?」
瞬「"じこさいせい"が使えるなんて・・・」
星一(頭をふっとばしゃなんとかなりそうだが・・・)
星一「チッストライク!"こうそくいどう"だ!」
ストライクが何十匹に分裂してミュウツーを囲む。
ミュウツー「フン、無駄だ」
ミュウツーが小さいサイコボールをまき散らす。
ミュウツー「これで偽物は消えたはずだ。さあ、出てこい!」
しかし、全ての影は消えていた。
ミュウツー「な!?本体はどこだ?!」
星一「よし、行け!ストライク!」
ミュウツー「クッ、上か!」
ドス!
ストライクの鎌がミュウツーの体に突き刺さった。
星一「よし!」
ミュウツー「フン、無駄無駄無駄」
ミュウツーが力をこめると、ストライクの鎌が抜けなくなった。
星一「な、何!?」
ミュウツー「おかげで狙いが付けやすくなった」
ストライクに手を向ける。
ミュウツー「しくじったな、ストライク。さよならだ。
      だが、今の攻撃、なかなかいいセンをついてたぞ」
ドオオォオォォオォォオオン!
ストライクはシャドーボールに運ばれ、天井に直撃した。
星一「ストライク!大丈夫か!?
      チッ、天井に穴を開けるほどの力か・・・・」
ミュウツー「本気を出していないようだな。なら、これでどうだ?」
ミュウツーの頭の上にかなり大きい"サイコボール"が4つ出てきた。
ミュウツー「私に埋め込まれた知識によると、ここはヤマブキシティらしいな」
星一「?」
ミュウツー「そして、この街の東西南北にはそれぞれ1つづつ
      都市があるらしいな。そこでだ!
      コイツをそれぞれの都市に解き放つ!」
星一「な?!」
ミュウツー「フフ」
サイコボールが北の方へ飛び去った。
ミュウツー「まず、1つ」
星一「て、てめぇ!ゲンガー!サイコキネシ…」
しかし、ミュウツーが背後から星一に攻撃をくわえた。
星一が吹っ飛ばされ、壁に激突する。
ミュウツー「テレポートだ。…そして、また1つ」
今度はサイコボールが西の方へ飛んでいく。
激しい爆音が遠くの方で聞こえた。
ミュウツー「どうした?あと2つしか残ってないぞ。
      早くしないと沢山の人間が死んでしまうぞ!」
星一「て、てめぇ…腐ってやがる!ゲンガー!サイコボール!」
星一がなんとか身を起こして、ゲンガーに指令を出した。
ミュウツー「愚かな」
ミュウツーが手をかざすと、あっさりと、サイコボールの起動がそれた。
ミュウツー「まだまだだな…さらに1つ」
今度は東の方へとサイコボールが飛んでいった。
星一「く、くそ…俺は…勝てる…のか?」
ミュウツー「勝つ?その程度の実力でか?
      やはり…怒りでは足りないようだな」
最後のサイコボールが南へと飛んでいく。
とても大きい地響きが起きた。
ミュウツー「これで4つの都市は消し飛んだ」
星一「く、くそぉ…」
ミュウツー「人間は追いつめられると力が出ると聞いているが
      それでも無理だったようだな…」
星一「チッ、一体どうすれば……」
すると、腰についているボールがぐらぐらと揺れた。
イーブイだった。
星一「どうしたんだ、イーブイ」
イーブイはさも、自分を出してくれと言わんばかりに動いていた。
星一「戦いたいのか?」
イーブイが頷く。
星一「駄目だ、お前はレベルは高いが、まだ進化していない
   結局痛い目に遭うだけになるぞ」
イーブイはそれでも諦めなかった。
星一「チッ、わかった。だが、危なくなったら戻すぞ」
イーブイは表情を変えて、明るい顔になった。
ミュウツー「フン、イーブイか。その程度のポケモンで何をしようというのだ」
月光が差し込む部屋の中でミュウツーがあざけわらった