新井星一物語ポケモン編第二十九話:たいようポケモン
実況「おおっと、いきなりゲンガーが戦闘不能!
   あと二匹戦闘不能にすればドライマー選手の勝利です!」
星一「クッ・・・強い!・・・行け!ブラッキー!」
実況「なんと、このたび発見された新種のポケモン!
   ブラッキーを繰り出してきました!」
ドライマー「ふむ・・・それがブラッキーか・・・
      ゲンガー!"かみなりパンチ"!」
星一「ブラッキー!"だましうち"だ!」
ゲンガーの背後からブラッキーが一撃をくらわせた。
が、それだけでゲンガーが戦闘不能になってしまった。
ドライマー「な?一撃で?・・・・
      まさか・・ブラッキーのタイプは
      ゴーストタイプに有利なタイプ・・・・・・・?
      よし!行け!ゲンガー!(黒)」
実況「ドライマー選手!さきほどの試合では使わなかった
   黒色のゲンガーを繰り出してきました!」
ドライマー「ゲンガー!"くろいまなざし"だ!」
星一「な・・・なんだ?"くろいまなざし"・・・だと!?」
ドライマー「"どくどく"!」
星一「クッ・・・交代だ!ブラッキー!」
しかし、ブラッキーは動こうとしない。
星一「な・・なんで?」
ドライマー「星一、"くろいまなざし"は相手ポケモンを交代させない
      技だ。ブラッキーはかえれないぜ」
星一「クッ・・このままじゃ毒にやられる!
   "かみくだく"だ!」
ドライマーのゲンガーは戦闘不能になった・・・
星一「よし!このまま行くぞ・・・ブラッキー?」
ブラッキーも戦闘不能になっていた。
ドライマー「今・・・・・」
星一「!」
ドライマー「今、やったのは"みちづれ"という技だ・・・
      自分のポケモンが倒れた場合攻撃したポケモンも倒せる技だ」
星一「チッ・・・!行け!フシギバナ!」
ドライマー「ゲンガー!(赤)頼むぞ!」
星一「フシギバナ!"はっぱカッター"だ!」
ドライマー「ゲンガー!その前に"さいみんじゅつ"だ!」
しかし、フシギバナに催眠術は効かなかった。
はっぱカッターがゲンガーに直撃する。
星一「よし!"のしかかり"!」
ドライマー「よけて、"さいみんじゅつ"だ!」
フシギバナが動かなくなった。
ドライマー「よし!とどめだ!"ゆめく・・・まて、ゲンガー!」
星一「?!」
ドライマー「抜け目無いヤツだ・・・そのフシギバナ、
      寝たフリをしているな?分かるぞ。それぐらいのことはな・・・」
星一「チッ、ばれたか!フシギバナ!"つるのムチ"で押さえつけろ!」
ドライマー「ゲンガー!"サイコキネシス"で応戦だ!」
星一「戻れ!フシギバナ!」
ドライマー「よし!行け!ゲンガー(白)!」
星一「ストライク!"きりさく"!」
ドライマー「ゲンガー!"めざめるパワー"!」
ストライクの鎌が凍り付いてしまった。
ドライマー「"めざめるパワー"はポケモン一匹一匹タイプが違う技!
      このゲンガーの場合は氷タイプだ・・・・」
星一「ストライク!"こうそくいどう"と"かげぶんしん"だ!」

ドライマー「クッ・・・ストライクが何十匹もいるように見えてくる・・・
      だが、この技の前では、無意味だ!」
ゲンガーが両手を左右に広げた。
ドライマー「"サイコキネシス"!」
幻が次々に消えていく。
しかし、本物は居なかった。
ドライマー「な?ど、どこだ・・・・?」
星一「さあ、どこでしょう?ヒントはこいつのお得意戦法・・・」
ドライマー「しまった、上か!」
その瞬間、ストライクがゲンガーを凍った刃できりさいた。
ゲンガーは力尽きてその場に倒れる。
ドライマー「・・・負け・・・か。強くなったな、星一」
星一「いえ、あの時このストライク貰ってなければ負けてましたからね」
ドライマー「次は・・・龍之介か、ガンバレよ」
星一「ハイ」

実況「さあ、ついに始まりました!ポケモンリーグ決勝戦!
   前回チャンピオン汐瀬龍之介選手と新井星一選手の戦いです!」
星一「って・・・お前前回チャンピオンだったのか」
龍之介「なんだ、知らなかったのか?」
星一「ま、お前がどうであろうと関係ないがな
   初めて戦ったとき、お前は本当に強かった。
   しかし、今度は負けない!」
星一はハナダシティで龍之介に敗れた
あの雨の日のことを思い出していた。
もう、絶対に負けないと心で強く思ったあの日。
あの日からどれくらいたったのか・・・・・
龍之介「よし!勝負だ!星一!」
歓声がスタジアムを揺らす。
星一「行け!フシギバナ!」
龍之介がフッと微笑を浮かべた。
龍之介「オイ、星一」
星一「なんだ?」
龍之介「お前だけが新種持ってると思ったら大間違いだぜ」
星一「?」
龍之介「行け!エーフィ!」
星一「な・・・なんだ、あのポケモンは・・・・」
それはイーブイの進化系の様だった。
紫色の体に二本のしっぽが風になびいていた。
龍之介「これが・・・・俺の見つけた新種のポケモンだ!」