新井星一物語ポケモン編第三十話:結末
星一「新種のポケモン・・・エーフィだと?!」
龍之介「エーフィ!"サイコキネシス"!」
星一「フシギバナ!"じしん"!」
龍之介「ひるむな!"サイコキネシス"を続けるんだ!」
フシギバナに"サイコキネシス"があたる。
フシギバナのタイプは"くさ"と"どく"だからこうかは抜群である。
気絶してしまった。
星一「チッ、交代だ!行け!ストライク!
   "こうそくいどう"と、"かげぶんしん"!」
残像が無数に出てくる
龍之介「蹴散らせ!"サイコキネシス"!」
残像が消えてくる。
星一「よし、今だ!"きりさく"!」
龍之介「甘いぞ!上だな!この攻撃は何度も見たぞ!
    エーフィ!"サイケ光線"!」
真上に居たストライクにサイケ光線があたる。
星一「悪いな・・・・そいつも影だ」
真上のストライクの残像が消えた。
龍之介「な?本物は・・・?!エーフィもなんとも無い!
    ヤツは・・・・!エーフィ!?」
エーフィが倒れていた。戦闘不能である。
ストライクは龍之介の後ろに立っていた。
龍之介「一体いつ・・・・?!」
星一「ストライクは
   "すばやい動きが自慢。相手は倒されたことにすら気づかないほど速く動ける" 
   と図鑑にかいてあるほど速いんだ。
   "こうそくいどう"したときにすでに切り込んでいた」
龍之介「気付かなかったな・・・しかし、コイツを倒せるかな
    行け!カイリュー!"りゅうのいかり"!」
星一「よ、よけろ!ストライク!」
素早くストライクはよけて助かったが、
"りゅうのいかり"がストライクの居たところ床をぶちぬいた。
星一「・・・あぶねーなぁ、全く。油断できねーぜ、これじゃ」
ストライクをボールの中に戻した。
星一「よし、行け!シードラ!"れいとうビーム"!」
カイリューの翼が凍り付く。
星一「よし、これでもう、飛ぶことはできねー!
   シードラ、"なみのり"だ!」
スタジアムの闘技場に水が溢れる。
カイリューへのダメージは少ないようだ。
星一「シードラ!"えんまく"と"こうそくいどう"で身を隠せ!」
カイリューの腹の辺りまで煙幕が立ちこめる。
龍之介「カイリュー!"りゅうのいかり"で吹き飛ばせ!」
煙幕が晴れてきた・・・が、シードラは居なかった。
龍之介「な・・・・?ま、まさか上か?」
星一が立っているだけでシードラは居なかった。
龍之介「クッ・・・一体どこに・・・?」
カイリューが一歩前進した、その時カイリューの全身が凍った。
龍之介「な・・・どこから?ま、まさか!」
先ほど"りゅうのいかり"からえぐれた場所からシードラが出てきた。
星一「さ、続きをやろうぜ。どうやらカイリューも戦闘不能みたいだな。
   こっちはシードラからストライクにポケモンを替えるぜ」
龍之介「(今の俺は・・・エーフィとカイリューがやられて、
     あと一匹やられると負け・・・・か。
     対してヤツは1匹しかやられてないから余裕だな・・・
     とりあえず・・・・コイツだな)
     行け!メタモン!」
実況「おっと!龍之介選手ついにメタモンを出した!
   前大会でも大活躍したこのメタモン!
   そのレベルはどれほど上がっているのか!」
龍之介「メタモン!"へんしん"だ!」
メタモンの姿がストライクになる。
星一&龍之介「"こうそくいどう"と"かげぶんしん"」
スタジアム上に無数にストライクの姿が見える。
星一「お互い考えることは同じようだな・・・」
龍之介「そのようだな・・・・」
メタモンがフラ・・・とよろけた。
星一「そこだ!ストライク!"きりさく"!」
ストライクの鎌がメタモンに襲いかかった。
龍之介「"へんしん"を解くんだ!メタモン」
メタモンがもとの大きさに戻り、ストライクよりふたまわりは小さくなった。
そのせいで、ストライクの鎌が空を切る。
龍之介「もう一度"へんしん"!」
いきおいを付けすぎてよろけたストライクを
メタモンの鎌が捕らえた。
龍之介「フ、やはりそちらは疲れがたまっているな」
星一のストライクは動かなくなった。
審判「ストライク!戦闘不能!」
星一「チッ、やっぱ粘ってくるなぁ・・・・・・
   しかし、ここでかたを一気につける!
   ゲンガー!」
龍之介「メタモン!"へんしん"だ!」
星一「ゲンガー!"サイコボール"!」
龍之介「こっちもだ!メタモン!」
2つのボールがぶつかってはじけて消える。
龍之介「やはり・・・互角の様だな・・・・」
星一「そのようだな・・・・だが・・・・」
メタモンの変身が解けていた。
龍之介「な!?」
星一「俺のゲンガーは場慣れしているからな。
   一撃撃つフリをして、実はもう一発撃ち込んでいた。
   それで変身が解けたみたいだな・・・」
龍之介「チッ・・・しょうがねぇ。コイツで行くか。
    正直いうとこあんま使いたくねぇんだが・・・
    行って来い、ギャラドス」
出てきたのは炎のように真っ赤な体をしたギャラドスだった。
龍之介「・・・オツキミ山で変なオッサンから買ったんだけどな。
    コイツが厄介なヤツで・・・って、まあいいか。
    ギャラドス、"ハイドロポンプ"だ」
星一「ゲンガー!よけて、シャドーボール!」
シャドーボールはとても小さかった。
星一「ありゃ、失敗か・・・あせってたからなぁ・・・・」
それがふらふらと飛んでいき、角の様なところに当たった。
龍之介「あ゛・・・てめぇ・・・あーあ、俺はもう知らねーぞ」
星一「な?・・・どういうことだ?」
龍之介「そいつは角攻撃されるとんげぇ怒るんだよ。
    俺も手がつけられないほどにな」
すでにギャラドスは怒りに打ち震えていた。
星一「や・・・やべぇなぁ・・・・」
こちらを振り向いたギャラドスの目はもう尋常では無かった。
星一「ゲ・・・ゲンガー!"サイコボール"!」
ギャラドスは"はかいこうせん"で"サイコボール"を蹴散らしてしまった。
星一「よし!反動で動けない間に"サイコキネシス"!」
ギャラドスには当たってはいるようだが効果はいまいちの様だった。
ギャラドスがハイドロポンプを乱射し始めた。
星一「・・なんっちう体力だ・・・・」
ハイドロポンプの嵐を避けながら、星一はゲンガーに指示をだした。
ゲンガーが両手をギャラドスに向ける。
龍之介「(?・・・・なんだ?)」

−観客席−
瞬「あ、あの構えは・・・・」
光「知ってるの?」
瞬「ハイ、ミュウツーが使った技ですよ。
  サイコボールをマシンガンの様にぶっ放す技です・・・・」
ギャラドスがこちらを振り向いた。"はかいこうせん"の前兆である
"はかいこうせん"が繰り出された。
星一「ゲンガー!"マシンガンサイコボール"!」
"はかいこうせん"と"マシンガンサイコボール"が交差する。
ドグオオオォオオォォォン!
砂塵とガレキが巻き上がる。
実況「スタジアム上は砂塵で様子が見えません!
   一体どうなっているのでしょうか?」
スタジアムが静まり返る。
砂塵が薄れてきた。
そこには・・・ギャラドスが戦闘不能になり横たわっていた。
次に視界に飛び込んできたのは・・・星一とゲンガーだった。
実況「今、決定しました!優勝者はマサラタウンの新井星一選手です!」