A star in the whole sky 星一高校編 第十二話:新たな変化球
星一「新しい変化球・・・・ってどんなのだよ?」
阿畑「そやな・・・・・・・シュートなんてどうや?」
星一「シュート?」
阿畑「そや。ただのシュートじゃつまらんから・・・・
   んー・・・・・・そやな・・・・・・・・・・・
   ホップするシュートなんてのはどうや?」
星一「ホップ?つまり上に上がるって事か?
   そんなこと出来るのかよ?」
阿畑「星一はんの類い希なる強靱な手首があれば一発や。」
星一「どうやるんだ!?」
阿畑「そやな・・・・まず、人差し指はココ、親指はココにおいて、
   中指はこう、そして手首の回転は思いっきりこう捻る。」
星一「えっと・・こうかよっしゃためしに投げてみっか。」
シューン・・・・・クイッ!
星一「あ、ホップした・・・・・・・」
阿畑「な、できたやろ(ホントは出来るかどうか半信半疑やったけど)」
星一「じゃあちょっと星満に受けて貰うか
   おーい星満!」
星満はバットの手入れをしていた。
星満「なんだ?」
星一「阿畑に新しい変化球教えて貰ったからちょっと受けてくんない?」
星満「ああ、おもしろそうじゃん。」
星一「えっとどう変化するってのは・・・・・」
星満「ちょま。」
星一「え?」
星満「どうせだからさ、どう変化するかっていわないでくんない?
   そのほうがおもしろそうじゃん?」
星一「あ、ああ」
シューン・・・
阿畑(普通の人間にあれは打つならまだしも取るなんて無理や。
   しかも初めてなんて絶対取れるわけあらへん。)
クイッ!!
星満「!!ウオッ!」
バシッ!
ボールはミットに収まっていた。
星満「ウッヒャーまさかホップするとはな。これは強力だぜ。」
阿畑(・・・・・化け物かいなこやつらは。)

本野「えっと次の高校は橘高校ね。久方君がひっぱてるチーム。
   久方君は打たれ弱いからそこをつけばもろいわ。」
星一「なぁんか弱そうなチームだなぁ?」
星満「まあな。お前がまた初回先頭打者ホームランうちゃ簡単だよ。」
星一「あっさり言うなよ。難しいんだぞ。結構」
星満「何いってんだよ。初球からくそボールだった奴以外は
   全部ホームラン打ってるじゃないか。」
星一「え?そんなに打ってた?でもお前だってホームラン率7割じゃないか」
星満「そうだったかな。
   ま、どっちにしろ今度の相手は弱そうだ」
星一「ああ」

短い?