新井星一物語高校編第十六話:投手のテスト後編

星一「じゃあ、次は変化球のテストだ!阿畑、頼んだぞ!」 阿畑「はいなー!    ほな、みなはん!得意な変化球をみしてくださいな!    まず、そこのお前ハン!」 投手B「お、俺〜!?」 阿畑「せや、とっとと投げ!」 シュ〜〜クククッ! スライダーだった。10cmほど動いた。 阿畑「×やなあ」 投手B「ええ?」 阿畑「あんなへなちょこボールで甲子園で勝てるかい!」 その後もやっぱり合格者はいなかった。 新入部員「先輩達もお手本見せて下さいよ!」 阿畑「じゃあ打席にたってみぃ!」 阿畑「よ〜し・・・いくで〜」 シューン・・・ 投手C「なんだ、普通の・・・・?」 フラフラフラ・・・・・ストン 投手C「な、なんだ?今の球は。ボールが揺れた・・・」 阿畑「どや!これぞわいの「アバタボール7号」や!!!」 星一「じゃ、次は俺だ。」 シューーン!! 投手C「は、速い!」 ストーーン!! 投手C「フォ、フォーク・・・・」 星一「次行くぞ!」 ギューーンククッ 投手C「?普通のカーブだ。」 ガキッ!! 投手C「重い・・・・鉛玉を打ったみたいだ」 星一「よーしラスト!」 ギューン!!クイッ! 投手C「ホ、ホップしてる!!!???」 阿畑「わかったか?これくらい力あらへんと話にならんのや。」 星一「これで投手のテストは終わりだ。残念ながら    合格者はいなかったが・・・・・・・・    投手を諦めて野手になるって言うなら    野手のテストも受けてみるといいだろ。」 星満「じゃ、次はミッキー!走りのテストをしてくれ!」 ミッキー「ウン!」
ふう(ぇ)