新井星一物語高校編第十八話:最後の難関守りのテスト

大山兄弟(十八話めにしてようやく出番だよ・・・・) ??「・・・それでテストというのは?」 春東「おっと、そうだったな。じゃあ・・・・」 夏西「星一がノックするからそれを取ってくれ」 秋南「10球星一がノックする。それで6球取れればいいから」 冬北「ガンバレよ。オーイ星一!ノックしてくれ!」 星一はパイナップルを割って本野に怒られていた。 星一「ん?わかった。じゃあな!光!」 ここぞとばかりに本野から逃げ出す。 本野「あ!星一!・・・たく・・・・もう」 星一はもう冬北達の所にいた。 星一「ふう、助かった・・・・んで、冬北、ノックか?」 冬北「ああ、こいつのテストだからバンバンやっちゃって」 星一「じゃあ、俺がバッターボックスに入って・・・と    そいつはどこで守るんだ?」 春東「そうだな・・・・じゃあそこで」 春東が指さしたところはピッチャーマウンドの少し後ろだった。 ??「ええ?そんな近くで?」 星一「おっしゃじゃあやるぜ!」 「ちょっと待って!!」 夏西だった。 夏西「取るだけじゃ駄目だから・・・フライでも取ってから5秒以内に    一塁にボールがつけばいいよ春東、一塁に行って。」 春東「はいよ」 ??「ご、5秒ですか・・・」 星一「おっしゃ、今度こそ!」 カキーン!!!ボールは??の胸を目掛けて、まっすぐ飛んでいった。 ??「う、うわ!」 バシッ!取った拍子に??は後ろへこけた。 星一(取った!) ??「あ、投げなきゃ!」 ヒューン、パスッ 夏西「6秒76。駄目だな失敗できるのはあと3回」 星一「じゃあ、もういっちょ!」 カン・・・ボテボテのゴロだった。 ??「あ、今度は弱い!」 急いで走り、とって投げた。 夏西「・・・4秒12。合格」 冬北(一回目に強い打球で腰を引かせて二球目に弱くする。    それでちゃんと対応できるか星一はタメしたみたいだけど・・・    結構あいつは速く対応したな。面白い、面白い) 星一「・・・・」 カーン!  ??の右を抜けるライナーだ。 ??「よし!」 パシッ・・ギュルルル! ??「あ!?」 ボールがグラブからはじけ出そうになった。 ??「う、うわわあっと・・・(あ、投げなきゃ)」 ヒューン・・パスッ 夏西「5秒ジャスト。ギリギリ合格」 秋南(フーン・・・星一はカット打球を取れるかやったんだな    それを取るとは・・・・あいつなかなかやるなぁ・・・) その後??は2球をミスり、全部で3球ミスった。 星一「おし!最後の一球!これを取って投げれれば合格だ!」 カキーン! ??の右を通るボールだ。 ??「エイッ!」 ??はギリギリとって・・・・投げた。 春東「・・・・・4秒65。合格だ」 ??「うわ、やった!」 冬北「んじゃあ、例によってお手本・・・と行きますか!    星一!本気で打てよ!」 星一「はい、はい、そらっいくぞ!!」 カキーン!!! 冬北「・・・・」 バシッ!冬北はボールをグローブで弾いた。 ??「は、弾いた!」 シューン・・・パシッ 弾かれたボールは春東のグラブに収まった。 冬北「ふう・・・成功したか・・・久しぶりだったけどな・・・・」 ??(す、凄い・・・) 星満「・・・・・・合格者は一人か。    いいか!他の者もまた近い内にテストを    するから気を抜かないように!」 新入部員「ハイ!」 星一「んで、お前の名前は?」 星一は??に問いかけた。 ??「あ・・・稔です。宮本(みやもと)です!」 星一「そっか・・・か、良い名前だな」
途中まで「??」だったのは決して名前が決まっていなかった訳では ありませんのでヨロシク(何)